ペニスポンプは増大効果なし?おすすめ・使い方・注意点を解説

アイキャッチ ペニス増大器具

これを読んでいる男性の中には
「今よりペニスを大きくしたい」
「ペニスポンプって本当に増大するの?」

と考えている人がいるのではないでしょうか。
ペニスの増大方法は様々ありますが、ペニスポンプを使用した増大方法は、たいへんオススメです。

その理由は、ペニスポンプによる増大方法は、物理的かつ直接的に、ペニスを増大へとはたらきかけるため、確実性が高いからです。
また、大勢の男性ユーザーから、増大効果に満足している口コミを確認できるところも、ペニスポンプによる増大方法がオススメできるポイントです。

ペニスのサイズが小さくて悩んでいる男性や、今よりペニスを大きくしたい男性は、ペニスポンプを使用して理想のペニスを手に入れましょう。

  1. オススメのペニス増大機器!ペニスポンプとは?
  2. ペニスポンプの驚くべき3つの効果
    1. ペニスが増大する!
    2. 早漏防止効果が期待できる!
    3. 使用方法が容易で手軽!
    4. ペニスポンプ使用者の口コミからわかる、ペニスポンプの絶大な効果!
  3. ペニスポンプの種類は大きく3種類、自分に合ったものを見つけよう
    1. 自分で圧力を調整する手動タイプ
    2. 自動で圧力を調整する電動タイプ
    3. お風呂で使用できる水圧タイプ
  4. ペニスポンプを選ぶときの注意点
    1. ペニスポンプによっては身内バレする
      1. ペニスポンプ使用時の作動音
      2. ペニスポンプの管理の仕方
      3. ペニスポンプの充電
    2. ペニスポンプには許容サイズがある
      1. ペニスポンプのサイズは、平均的なペニスサイズに合わせている
      2. パッキンのサイズでペニスポンプの効果が変わってしまう
  5. 口コミで人気のおすすめペニスポンプ
    1. 人気の高いペニスポンプ(多くのユーザーに愛されており安心)
    2. 増大効果の高いペニスポンプ(ペニスがより大きくなった確実性)
    3. リーズナブルなペニスポンプ(入門編!まずはこれでチャレンジ)
  6. ペニスポンプの使い方
  7. ペニスポンプの使用上の注意点
    1. ペニスポンプの最適な使用時間は?
    2. ペニスポンプで『ふぐる』って何?
  8. ペニスポンプ使い過ぎで生じるデメリット
  9. ペニスポンプ以外のペニス増大方法はあるの?
    1. ペニス増大サプリ
    2. チントレ
    3. 引っ張り系増大機器
    4. ペニス増大手術
  10. ペニスポンプについてまとめ

オススメのペニス増大機器!ペニスポンプとは?

ペニスポンプとは、圧力を利用してペニスを構成する海綿体に血液を強制的に送り込ませることで、増大の効果を得るペニス増大機器です。

ペニスポンプには筒型のシリンダーというパーツがあります。
そこに、ペニスを直接挿入し、シリンダー内部に圧力をかけます。

ペニスポンプは、機械的にペニスを増大へとはたらきかける方法なので、手軽で効率的に増大の効果が得られます。

その反面、使い方を間違えると危険を伴う可能性があります。
使用方法をきちんと理解して正しく使用することが大事です。

ペニスポンプの驚くべき3つの効果

数あるペニス増大方法の中から、ペニスポンプによる増大方法を選択することで、得られるメリットはたくさんあります。
以下にペニスポンプを選ぶことで得られるメリットを紹介します。

ペニスが増大する!
早漏改善効果が期待できる!
使用方法が容易で手軽!

ペニスが増大する!

ペニスポンプを使用する上で最大の目的であるペニス増大という点では、大きな効果が期待できます。

ペニスを構成している海綿体は、血液を含む風船のような構造をしているため、血液が大量に流れ込むと大きく膨らむようになっています。
その血液の流れを、強制的かつ物理的に促すのがペニスポンプなのです。

ペニスポンプは、増大サプリのような間接的なアプローチの仕方ではなく、直接的、物理的にペニスを増大へとアプローチします。
そのため、高い確実性が魅力の増大機器です。

同じ増大機器に、引っ張り型と言われるタイプのペニス増大機器が存在します。
その名の通りペニスを長手方向に引っ張り、その状態をキープさせることでペニス増大を促す機器です。
この機器も、物理的かつ直接的なアプローチで、ペニス増大の効果が期待できます。
しかし、引っ張り型の機器には弱点があります。
それは長さを大きくできるのですが、太さを大きくすることができないことです。

その点、ペニスポンプは、シリンダー内部に圧力をかける方法です。
ペニスの長さはもちろんのこと、太さにも効果が期待できます。

「長さも太さも大きくなった」「苦労せず以前より大きくなった」と、自慢する男性が周りにいるのならば、ペニスポンプを使用している可能性が高いでしょう。

ペニスポンプの魅力を知っている男性ならば、周りより一足先に購入して、効果を実感していてもおかしくないからです。

ペニスポンプは、多くの男性から愛用されるほど、大きな増大効果を発揮してくれます。

早漏防止効果が期待できる!

早漏ですぐに射精して果ててしまい、女性とのセックスが長持ちせず、困っている男性は少なくないはずです。

あまりに遅漏すぎるのは、女性を疲れさせてしまいます。
場合によっては、相手の女性の膣を傷める可能性もあるのでよくないです。

しかし、過度に早漏すぎるのは、男性として情けなくみっともなく感じられてしまいます。
それでは、女性が満足のいくセックスは臨めません。
もしかすると、相手の女性に飽きられてしまう可能性も十分にあります。

早漏の男性のほとんどが、亀頭が刺激に慣れてないことが多く、過剰に敏感な場合が多いのではないでしょうか。

ペニスポンプは、ペニス全体に刺激が伝わるので亀頭ももちろん刺激されます。
ペニスポンプを継続的に装着し使用することで、亀頭が刺激されることに慣れていきます。
すると、敏感な亀頭が強化され早漏防止効果が期待できるのです。

ペニスポンプを使用することで、ペニスが増大するのはもちろんのこと、男性としての強さ逞しさを手に入れることができるのです。
また、セックスが長持ちすることで、女性に「え!もう?!」などとがっかりされることはなくなります。

使用方法が容易で手軽!

ペニスポンプは数あるペニス増大機器の中でも、比較的容易に使用できます。
手軽に使用できるところも、ペニスポンプの魅力の1つなのです。

ペニス増大機器による増大方法は、一瞬で効果が期待できるものではありません。
継続的に行うことで、理想のペニスを手に入れるものなのです。
つまり、手軽に装着できることや、使用することが苦痛でないことは、絶対条件だと言えます。

装着が手間なものや、使用するのが面倒に感じてしまうような機器では、継続的に使用するのがわずらわしくなる可能性があります。
中には、効果が現れるまでにやめてしまう男性がいてもおかしくありません。

そういった側面から見ても、手軽で容易に継続して使用できる、ペニスポンプによる増大方法は、たいへんオススメです。

ペニスポンプ使用者の口コミからわかる、ペニスポンプの絶大な効果!

ここまでペニスポンプとは、どういった増大機器で、どのようなメリットや効果が期待できるのかを解説してきました。
しかし、「まだまだ信用できない」「本当に期待通りの効果が得られるのか疑わしい」と感じる男性も少なくはないでしょう。

ペニスポンプのメリットや効果の裏付けとなる、使用者の口コミがあるので、以下に紹介します。

ペニスのサイズにコンプレックスがあるなら迷わずペニスポンプ使ったほうがいいよ

ペニスポンプを使ったら小さかった息子がモンスターになった

使用後すぐには効果が出なかったけど、続けて使ってたらいつの間にか3cmも大きくなってた

ペニスポンプのおかげで彼女をイかせることができた。でかいちんこって最高

他の方法と比べてペニスポンプの効果はすごかった

口コミから、多くの男性が、ペニスポンプの使用を開始していることがわかります。
そして、続々と着実に大きなペニスを手に入れているのです。

ペニスポンプの種類は大きく3種類、自分に合ったものを見つけよう

ペニスポンプはペニスに圧力をかけて血流を促す増大機器ですが、その圧力のかけ方によって種類が大別されます。
ここでは、ペニスポンプの種類を3つ紹介します。

自分で圧力を調整する手動タイプ
自動で圧力を調整する電動タイプ
お風呂で使用できる水圧タイプ

自分で圧力を調整する手動タイプ

ペニスポンプの中で1番ポピュラーなタイプが、この手動タイプです。
手動タイプとは、ポンプやレバー等を使用して、自分のペースでシリンダー内に圧力をかけることの出来るペニスポンプです。

このタイプのペニスポンプのメリットは、自分のペースで圧力をかけられるため、ペニスにかける圧力を微調整できるところです。
細かく圧力調整できるため、安心してペニスの増大ができます。

電源が必要ないので、充電や電池の交換などの手間がなく手軽に使用できます。
また、電気代や電池の費用が必要ないため、経済的にペニスの増大を試みることができます。

手動タイプのペニスポンプは、単純な構造のものが一般的です。
そのため、メンテナンスや洗浄が容易にできます。
体の中でもペニスは、デリケートな部分ですので、清潔に使用できるところも手動タイプのメリットだといえます。

反対に、手動タイプのデメリットは、シリンダー内に必要圧力をかけるまでに、手間がかかるところです。

必要とする圧力をかけるために、レバーやポンプを何度も自分の力で動かす必要があります。
ペニスポンプを使用するたびに、その動きを繰り返すのは、人によっては面倒でわずらわしく感じられるかもしれません。

手動タイプは、シリンダー内にかけられる圧力が、比較的低いのが一般的です。
そのため、「高い圧力をかけてペニスに大きな刺激を与えたい」と感じる男性には物足りないタイプだといえます。

手動タイプのペニスポンプは、ペニスへの刺激を最小限に抑えてペニスの増大を試みたい男性や、ペニスポンプを使用するのが初めてというビギナーにオススメです。

自動で圧力を調整する電動タイプ

ペニスポンプの中で、手動タイプに次いで一般的なのが、この電動タイプです。
電動タイプとは、バッテリーや電池を使用して、ペニスポンプのシリンダー内に圧力をかけるものを指します。

このタイプのペニスポンプのメリットは、圧倒的な手軽さです。
シリンダー内に圧力をかける作業が電動で行えるため、必要圧力までレバーやポンプを動かす必要がありません。

手軽に素早くペニスの増大が行えることから、忙しく時間がない男性に、相性のよいタイプだと言えます。

電動タイプのペニスポンプは、圧力だけでなく動作時間も制御できます。
日々の使用時間を管理できるため、ばらつき無くペニスに刺激を与えることができます。

また、電動タイプのペニスポンプは、比較的パワフルなものが一般的です。
手動タイプの圧力では満足できない男性や、ペニスの増大効果を大きくしたい男性には電動タイプがオススメです。

反対に電動タイプのデメリットは、電力の消費によって使えなくなることです。

充電や電池交換をしなければいけないことは、使用する人によって面倒に感じるかもしれません。

充電は、USBを使用するタイプのものが一般化してきています。
電池と比較すると手軽になっていますが、家族のいる男性は、なかなかパソコン等に繋いでおいておくことは難しいかもしれません。

お風呂で使用できる水圧タイプ

このタイプは、手動タイプや電動タイプのように空気圧を利用するのではなく、水圧を利用してシリンダー内に圧力をかけます。

水圧タイプは、水を利用するペニス増大法ですので、一般的にお風呂の中で使用することが多いタイプです。

使用方法は、シリンダー内部にお風呂のお湯をいっぱいに入れた状態にします。
そこにペニスを挿入し、シリンダー内部の水を抜いていくことで、ペニスに水圧をかけます。

水圧タイプのメリットは、その使用方法にあります。
水圧タイプのペニスポンプを使用する時は、お風呂に浸って体が十分に温まり、血行がよくなった状態です。
そのため、ペニスに血液が流れやすくなり、効果的にペニス増大ができるのです。

また、水圧を利用することで、ペニス全体にかかる圧力が一定になります。
ペニスにかかる圧力が一定だと、うっ血や後に解説する『ふぐる』状態になりにくいといった安全面でもメリットがあります。

反対に、水圧タイプのデメリットは、お風呂の中でしか使えないことです。
お風呂が沸いていないと、水圧タイプのペニスポンプを使用できません。

となると、他のタイプのペニスポンプと比較すると手軽さでは劣ってしまうでしょう。
ですが、考え方のよっては、入浴=ペンスポンプという習慣化をすることで、三日坊主にならず継続的な使用が可能になるでしょう。

ペニスポンプを選ぶときの注意点

ペニスポンプは、大きなペニスを手に入れる方法としてたいへんオススメですが、選ぶ際に注意するべき点があります。
ペニスポンプを選ぶ時の注意点は以下の2つです。

ペニスポンプによっては身内バレする
ペニスポンプには許容サイズがある

ペニスポンプによっては身内バレする

ペニスポンプはタイプによっては、身内バレする可能性の高いものがあります。
ペニスのサイズは、コンプレックスに関わる問題ですので、「バレたくない」「こっそり使用したい」と考えている男性も少なくないはずです。
ペニスポンプを使用していることが、バレる理由は以下の3つです。

ペニスポンプ使用時の作動音
ペニスポンプの保管の仕方
ペニスポンプの充電

ペニスポンプ使用時の作動音

ペニスポンプは、使用するタイプによっては音が気になるものがあります。

手動タイプのものですと、レバーやポンプを動かしている音がします。
ですが、レバーやポンプの音は比較的大きくなく静かに使用することができます。

電動タイプは、モーターを利用して動かすのが一般的です。
普段あまり聞き慣れないモーター音が響いていると、身内バレの可能性は上がってしまうでしょう。

ペニスポンプの管理の仕方

ペニスポンプは使用時だけでなく、保管中に見つかって身内バレする可能性もあります。
手動タイプのものだと、シリンダーにレバーやポンプがついておりサイズ自体が大きいものが主流です。
サイズが大きい上に、あまり目にしない形状をしているため、身内が不審がる可能性は高まります。

水圧タイプのものも管理には注意が必要です。
水圧タイプは、お風呂で使用するため、どうしても脱衣所に持参する必要があります。
見つからないか気にしながら、服を脱がなければならないのは面倒かもしれません。
また、水圧タイプはお風呂のお湯で濡れてしまうため、乾かす必要があります。
乾燥させている間も、バレないところに隠しておく必要があります。

ペニスポンプの充電

電動タイプのペニスポンプですと、充電が必要なものがあります。
ペニスポンプの充電方法は、コンセントに繋ぐものやUSBに繋ぐものが主流です。
つまり、充電時は電源の側にペニスポンプを置いておく必要があるのです。

隠れたところに電源がある場合はいいかもしれませんが、充電する場所によっては身内バレの可能性が高まります。

ペニスポンプには許容サイズがある

ペニスポンプは、シリンダー内部にペニスを挿入して使用するため、使用できる許容サイズがあります。

自分のペニスよりも小さなペニスポンプを購入してしまうと使用できません。
また、逆に自分のペニスに対して、ペニスポンプが大きすぎても問題があります。
ペニスポンプのサイズが大きければ大きいほど、ペニスが大きくなるのかと言えば、そうではないのです。
ペニスポンプ選びにおいて、サイズはとても重要です。
ペニスポンプのサイズにおける、注意すべき点は以下の2つです。

ペニスポンプのサイズは、平均的なペニスサイズに合わせている
パッキンのサイズでペニスポンプの効果が変わってしまう

ペニスポンプのサイズは、平均的なペニスサイズに合わせている

ペニスポンプは、たくさんの悩める男性の手に取ってもらうため、シリンダーのサイズを平均的なペニスサイズに合わせているものが一般的です。

自分のペニスサイズが、周りの男性に比べて大きい場合は、一般的なサイズのペニスポンプだと使用できない可能性があります。
使用できたとしても、ペニスが大きくなるためのスペースが足りずに、期待した効果が見込めなくなってしまいます。

日本人男性のペニスの平均サイズは約13cmと言われていますので、それより大きい場合は注意しましょう。

ペニスポンプは、海外製のものですと日本製のものと比較して、大きいものが多数あります。
自分のペニスが大きい場合は、海外製のものを視野に入れて購入するとよいでしょう。

パッキンのサイズでペニスポンプの効果が変わってしまう

ペニスポンプのシリンダーには、圧力を逃さないようパッキンを使用します。
パッキンには、穴や切れ込みがしてあり、そこを入り口としてペニスを挿入します。
その入り口部分とペニスのサイズが合っていないと、ペニスポンプの効果が変化してしまいます。

入り口部分に対して、ペニスが大きすぎる場合は、使用自体ができなかったり、痛みを感じて十分な使用ができなかったりして、効果が減少してしまいます。

反対に、入り口部分に対してペニスが小さい場合は、シリンダー内の空気が抜けてしまい十分な圧力がかけらません。
そうなると、ペニスポンプの効果は減少してしまいます。

購入する商品によっては、サイズ違いのパッキンを数種類揃えてセットになっているものもあるので、不安がある場合はそのような商品を選択するとよいでしょう。

口コミで人気のおすすめペニスポンプ

ペニスポンプの効果が理解できれば、次に知りたくなるのは、実際にどのような商品が販売されているかです。
ペニスポンプはメーカー、値段、種類など様々で、選び方の注意点を理解していたとしても、1つに決めるのはたいへん困難です。
そこで、以下の3つの観点でペニスポンプを紹介します。

人気の高いペニスポンプ(多くのユーザーに愛されており安心)
増大効果の高いペニスポンプ(ペニスがより大きくなった確実性)
リーズナブルなペニスポンプ(入門編!まずはこれでチャレンジ)

また、それらのペニスポンプを種類、人気、値段、効果、手軽さ、使用環境の6項目で多角的に評価します。

人気の高いペニスポンプ(多くのユーザーに愛されており安心)

まずは、ユーザーからの人気の高いペニスポンプを紹介します。
人気が高いということは、たくさんのユーザーから愛されている安心の商品だということになります。
安心できる商品を選びたいのならば、こちらから購入を検討してみてもよいでしょう。

商品名 Paloqueth ペニスポンプ
種類 手動タイプ
人気 ★★★★★
値段 1780円
効果 ★★★☆☆
手軽さ ★★★★☆
使用環境 手動タイプなので静かに使用できる

Paloqueth ペニスポンプは、手動タイプで音が比較的気にならずに使用できるペニスポンプです。
ポンプは、トリガータイプのものを採用されており、楽に握ることができます。
片手で簡単にシリンダー内部に加圧と減圧させることができ、たいへん快適な使用感です。
手動タイプなのでペニスにかける圧力を微調整できます。

シリンダーには目盛りがついているため、ペニスがどれくらい大きくなっているのかが、一目でわかるようになっています。
シリンダー上部にはゲージが付属されており、シリンダー内部の圧力をしっかりと監視することができます。

また、ポンプとシリンダーは簡単に分解できるようになっています。
そのため、持ち運びの際にコンパクトで邪魔にならず、収納の際にはかさばることなく小さなスペースで片付けることができます。
また、分解できるので、清潔に使用することができるメリットもあります。

Paloqueth ペニスポンプを利用したユーザーの口コミを紹介します。

吸引力がすごく、構造もシンプルで長く使用できそうです
今まで使用していたものと比較して満足度が高かったですが
初心者の方は一回り大きいので経験者向けかなと思います
非常に満足する製品です

ペニスポンプなんてものは信じていなかったのですが、値段がお手頃だったので試しに購入してみました。
ローションが付属していたのはありがたかったです。
一度上手く吸引できると物凄く強力です。
私の場合は赤メモリ10まで吸引して2cm程度大きくなりました。
ただし10は血が止まるかもしれないので赤メモリ5がオススメです。
書いてる時に気がつきましたがメーターがあるのはめちゃ便利ですね。
これからも使い続けてみようと思います。

引用元:amazon.co.jp

商品名 MEROURII ペニスポンプ
種類 自動タイプ
人気 ★★★★★
値段 3499円
効果 ★★★★☆
手軽さ ★★★★☆
使用環境 作動音に注意して使用する。

MEROURII ペニスポンプは、4段階で圧力調整のできる自動タイプのペニスポンプです。
自分のペニスに合った圧力を選択して使用することができます。
自動タイプのペニスポンプですので、作動音は少し気になる可能性があります。
身内バレが心配な場合は、使用する場所やタイミングに注意しましょう。

ペニスを挿入するシリンダーは、透明でメモリが刻まれています。
圧力をかけている最中のペニスを常に監視することができ、ペニスが大きくなっていることをしっかりと確認できます。
ペニスポンプにより大きくなっているペニスを確認できることで、モチベーションが維持できます。

スペーサーの材質には、柔らかく耐久性抜群の素材であるABS+TPRを採用しています。
弾力性も優れており、下腹部にしっかりと密着し空気漏れを防ぎます。
滑らかでソフトな肌触りはたいへん気持ちよくペニスに優しく触れてくれます。

LED液晶ディスプレイには、バッテリー残量、タイマー残り時間、モードの設定、加圧状態を表示してくれます。
バッテリーの不足で使用できないといったトラブルを防ぎ、タイマーや加圧状態等の使用状態がしっかりと確認ができるため、安全に使用することができます。

この商品のユニークなところは、挿入口のパッキンが女性器を模しているところです。
オナホのような使い方もできるため、ペニスの増大とは別に、マスターベーションの際にも活用することができます。

MEROURII ペニスポンプの口コミを紹介します。

吸引力が強く、強制的にあそこが大きくなる感じです。
あまり強くすると痛いので少しずつ強くして自分に合った強さを見つけるようにした方がよいと思います。
使った後はしばらくはいつもより大きく硬くなっている感じです。繰り返していけばさらに効果が出てきそうです。

かなり吸引力があって大きくなりました。
あそこを鍛えたいなら、とてもオススメです。
使い方はあそこをポンプに入れて、スイッチを入れるだけ凄く簡単です。
手動ではなく、電動になっているのでかなり使いやすいです。
取り外しは自由で、洗うことができます。
とても良い商品なので、買って良かったです。

引用元:amazon.co.jp

増大効果の高いペニスポンプ(ペニスがより大きくなった確実性)

せっかくペニスポンプを使用するなら、確実に増大効果の見込めるもの、増大効果の大きなものを選択したいと考えるのは、おかしなことではありません。
また、初心者向けのペニスポンプの使用に慣れて、次のステップに移りたい人は、効果の大きいペニスポンプの購入をオススメします。
以下に増大効果の大きなペニスポンプを紹介します。

商品名 SIZUP
種類 自動タイプ
人気 ★★★★☆
値段 10800円
効果 ★★★★★
手軽さ ★★★★☆
使用環境 作動音に注意して使用する。

SIZUPは3段階の圧力制御が可能な、自動タイプのペニスポンプです。
SIZUPの魅力はなんと言っても、絶大な吸引力です。
約ー30kPaもの負荷を生み出すことで理想のペニスを手に入れることができます。

このペニスポンプは自動タイプなので、機能面もたいへん充実しています。
仮に使用中に空気が漏れると、圧力レベルを自動で戻します。
そして、シリンダーを再度密着させると自動で加圧します。
つまり、常に一定の圧力をキープすることができるのです。

液晶画面には、セーフティメーター、加圧状態、バッテリー残量、OFFタイマーが表示されるため、利便性に優れています。
バッテリー切れの心配がなくなり、加圧状態やOFFタイマーが確認できるため安全に使用できます。

OFFタイマーは、5分刻みで5分から30分まで設定可能です。
ペニスポンプを長時間使いすぎて、ペニスに負荷がかかりすぎることがなくなり、安心して使用することができます。

設定した圧力が強すぎて痛みを感じる場合など、緊急的に圧力を下げたい時は、エアーインジェクトボタンを押すと、溜めたエアーを一気に解放することができます。
安全にも考慮した優れた商品であることがわかります。

上部のパーツとシリンダーは分離可能になっているので、メンテナンス性に優れています。
デリケートなペニスを挿入する機器ですので、清潔に使用できることは嬉しいポイントです。

SIZUPの口コミを以下に紹介します。

強力! 威力申し分ないけど、マックスパワーで続けてるとフグります!

僕自身この機械で息子がすごい状態になり、検索したらフグというのを知りました。そうならぬ程度の調節で続ければ効果あり!

音も静かだし、値段の価値はありますよ!!

ザイザップは使い方も簡単で、充電も基本的にUSBに繋いで放っておけばいいので便利です。

使いすぎると水ぶくれみたいになったりしますが、適切に使えば強力な効果があるので、是非知らない人にも知ってもらいです。

ザイザップを使っていることを知らない彼女にも「大きくない?」って言われました。

引用元:e-nls.com

商品名 BOSS Erect Pump pro.II
種類 自動タイプ
人気 ★★★☆☆
値段 4280円
効果 ★★★★★
手軽さ ★★★★★
使用環境 自動タイプの中では抜群の静音性

BOSS Erect Pump pro.IIは可愛らしい配色でデザインの優れた自動タイプのペニスポンプです。
見た目とは裏腹に本格的なパワーがあり、手動タイプでは得られないほどの圧力をペニスに与えてくれます。
また、電源を入れるとすぐさま設定圧力まで加圧してくれるので、スピーディでたいへん手軽に使用できます。
圧力のレベルは3段階で調整可能なため、自分にあった圧力でペニスの増大ができます。

BOSS Erect Pump pro.IIの優れているところはパワーだけでなく、静音性も圧倒的です。
BOSS Erect Pump pro.IIは自動タイプなので、モーターを使用しているのですが、最大のパワーで使用していても作動音は全く気になりません。

この値段で、パワフルかつスピーディーに使用できるBOSS Erect Pump pro.IIは、他のペニスポンプと比較すると、圧倒的なコストパフォーマンスだと言えます。

また、LEDライトが付いているため、暗いところでの使用が可能となっています。
布団の中でひっそりと隠れながらの使用ができるため、身内バレを気にせず使用できるペニスポンプです。

BOSS Erect Pump pro.IIの口コミを以下に紹介します。

これはいいです!
手動式を使ってトレーニングしてましたが、とにかく楽!

まだ使って数回ですが、パートナーがヒィヒィ言って求めてきます。
効果は出ていますので、続けていく事でもっともっと喜んでもらえるモノになっていくと確信しています。

あと1cmで18cm…。

ローションとぱっきんちょは必須です。
優秀な電池の単四は必要です。単三ではないので、ご注意を!

ポンプはここ4~5年手動式をいろいろ使っていて、値段にもひかれ、一度試してみるか・・・ぐらいの気持ちで購入。

第一印象は、こりゃすごい!
通常時のものがほんの数秒でマックス状態! ちょっと驚きの吸引力でした。

星を一つ減らしたのは、通常時18センチの私のものでは、シリンダーが短すぎ底づきしてしまったため。あと2~3センチ長ければなーと言うためです。

毎日ポンプを使用する方にはとても楽に引けるので、一度試してみる価値ありの商品ではないでしょうか。

引用元:e-nls.com

リーズナブルなペニスポンプ(入門編!まずはこれでチャレンジ)

ペニスポンプ初心者の男性は、使用感や増大効果がわからないため、高価な商品を購入するのをためらってしまうことでしょう。

安価な商品の中にも、しっかりと効果の期待できるペニスポンプは存在します。

ペニスポンプ初心者の男性は、入門編としてリーズナブルなペニスポンプから増大を始めてみてはいかがでしょうか。
以下に、数あるペニスポンプの中でもリーズナブルな商品を紹介します。

商品名 ハイプレッシャー
種類 手動タイプ
人気 ★★★☆☆
値段 1730円
効果 ★★★☆☆
手軽さ ★★★☆☆
使用環境 見られなければ、身バレを気にせず思いっきり使用できます。

ハイプレッシャーは、低価格でも本格的に増大が期待できるペニスポンプです。
ハンドルは、グリップタイプで使いやすい設計になっています。
手動タイプのペニスポンプですが、満足のいく十分な圧力をかけられます。

他の商品と比較すると、シリンダーのサイズが小さめに設計されています。
ペニスのサイズが平均よりも大きい人には、少し窮屈に感じる可能性があります。

この商品のメリットは、各パーツが細かく分解できるところにあります。
シリンダー、パッキン、ハンドルやホースまで分解できるのでたいへん優秀なメンテナンス性を誇ります。

細かく分解できないものは、洗いにくく清潔に保つのが面倒だったり、乾燥させるのが困難で不衛生になりがちです。

しかし、この商品ならば、容易に洗うことができ、簡単に乾かせるので、雑菌が繁殖するのを抑制することができ衛生的に使用できます。

ハイプレッシャーの口コミを以下に紹介します。

ハンドル部分が使いやすく、圧が足りなくなって来たらすぐに追加できて○です!
人によってはサイズが小さくて膨らんだ時に入らなくなるかも。
しかし全体的に完成度が高くて非常に買ってよかったです。

これは、とても良いですよ。
数日使うと、アソコが太くなりました。

でも、やり過ぎには注意です。
水ぶくれが出来てしまう位、強力に吸引します。

管のサイズは、日本人に丁度良いですね。
私はもう少しで先が管の先に届きそうですが、先が当たる人は長い証拠です。
管にサイズのメモリでも、書いてあると良いですね。

引用元:e-nls.com

商品名 ベーシックペニスポンプ
種類 手動タイプ
人気 ★★★★☆
値段 1280円
効果 ★★★☆☆
手軽さ ★★★☆☆
使用環境 見られなければ、身バレを気にせず思いっきり使用できます。

ベーシックペニスポンプは安定した人気を誇り評価の高い商品です。
手頃な価格設定で初心者には相性のよいペニスポンプです。
手動タイプでシンプルな構造ですが、基本性能は備えています。

価格帯が安価なため、シリンダー内部にかけられる圧力に不安を感じてしまいますが、ポンプを握ればしっかりと十分な圧力を得ることができます。

手動タイプですので、圧力をかけるのに手間感がありますが、微調整が可能なため安心して使用できます。

ゴムパッキンは3種類のサイズが揃えられているので、自分に合ったものを使用できます。
ムダな機能などを一切排除しているので、使用方法がシンプルで使いやすいです。

ベーシックポンプの口コミを以下に紹介します。

チントレを格安でするなら、これが一番ですね!
値段もお手頃ですし、使いやすい。

手動なんで疲れますが、しっかり圧がかかり効果が実感できます。
パンパンになったモノを見れば一目瞭然。

初心者向けのチントレしたい人にはちょうどいいですね!
これから20cmを目標に頑張ります。

初のポンプです。チントレをこの価格で試せるなら、間違いなく★5でしょう!

僕が感じた唯一の欠点は、ゴムのパッキンが硬めで、サイズをうまく息子に合わせにくく苦労したことくらいでしょうか。

吸引力も申し分ないですし、耐久性も気になりませんでしたよ。
チントレ入門編としては申し分ないです。

続けてトレーニングに励みたいと思います!!

引用元:e-nls.com

ペニスポンプの使い方

ペニスポンプは、ペニスに対して物理的に増大へとはたらきかける増大機器ですので、使い方をしっかり守って安全に使用する必要があります。
取扱説明書が同梱されているペニスポンプに関しては、しっかりと読んでから使用を開始するようにしましょう。

以下に、基本的なペニスポンプの使用方法を紹介します。

シリンダー、ポンプやパイプ等が分解されている場合は、組み立てる。
パッキンをシリンダーの開口部に取り付ける。
パッキンの挿入口にローションを塗る。
ペニスを挿入する。
シリンダー内部に必要な圧力をかける。
完了したら圧力を抜く。
各パーツを分解し清掃、乾燥する。

特に大事なポイントは、パッキンの挿入口にローションを塗ることです。
必要であれば、ペニスにも塗りましょう。

ペニスポンプを使用する上で、効果を弱める要因は、空気漏れと痛みです。
空気が漏れてしまうと必要とする圧力まで加圧することができなくなるため、効果が弱まります。
また、痛みが生じると中断する必要がありますし、継続して使用するモチベーションが下がってしまい増大の効果が期待できなくなります。

それらの効果を弱める要因の対策として、ローションを使用します。
挿入前にローションを塗ることで、空気漏れを防ぎます。
また、スムーズに挿入することができるため、痛みを感じることがなくなり、中断することなく、安全に使用することができます。

ペニスポンプの使用上の注意点

ペニスポンプはペニス増大に期待ができますが、その反面、使用上には十分に注意しなくてはいけません。
使い方を間違えると、ペニスに痛みが生じたり、うっ血や内出血などのリスクがあります。
それだけでなく、血流に作用するペニスポンプは、使い方によっては気分が悪くなる可能性もあります。
使用上の注意点をしっかり頭に入れて、安全にペニスポンプを使用しましょう。

以下に、特に注意が必要なポイントを2つ紹介します。

ペニスポンプの最適な使用時間は?
ペニスポンプで『ふぐる』って何?

ペニスポンプの最適な使用時間は?

あまりに長時間ペニスポンプを使用することは、裂傷やうっ血等の危険性があり、ペニスがケガをするリスクが高まります。
では、ペニスポンプを使用してペニスに圧力をかける時間は、どれくらいが適切なのでしょうか?
この疑問に答えるのはたいへん難しいです。

使用時間という切り口で考えても、ペニスに与えている圧力の強さや、使用する男性によって個人差があるためです。

ペニスにかける圧力が強ければ、それだけペニスへの負荷が大きくなります。
ケガのリスク回避を優先するのならば、使用する時間は短い方が好ましいと言えるでしょう。

肌が弱い人は、ペニスの皮膚も例外なく弱いことが多いです。
自分の肌が、比較的弱い方だなと感じるのならば、あまり強い刺激を長時間与えるべきではないと考えた方が無難です。

また、圧力を弱く設定しているから、肌が弱くないからといって、長時間使用していいわけではありません。
どんな場合においても、過度な使用方法はペニスに負荷が生じてしまいます。
ケガをしてしまっては、使用を控えなくてはなりません。

繰り返しますが、ペニスポンプは継続的に使用することで、効果が期待できる増大機器です。
そのため、ケガをして使用を控えなければいけないことは、ペニス増大にとって大きなマイナスとなってしまいます。

使い始めは、こまめに圧力を抜いて、痛みが生じていないか確認しながら使用することをオススメします。
そして、少しずつ使用時間を伸ばしていくことが1番安全で、大きな効果を得られる方法だと言えます。

ペニスポンプで『ふぐる』って何?

『ふぐる』とは『ふぐ』とも呼ばれるむくみの一種で、ペニスの皮が水ぶくれをおこしたように、ぶよぶよに腫れ上がることを指します。
腫れ上がる部分は、亀頭のすぐ下の場合が多いのが特徴です。

初めて『ふぐる』状態を経験する人は、驚愕してしまうことが予想されます。
それほど、自分のペニスの形状が変化してしまいます。
しかし、この現象はペニスポンプユーザーには、珍しいことではありません。
そもそも、『ふぐる』現象はむくみの一種なので、大体の場合は時間経過で元に戻ります。
そのため、さほど焦る必要はありません。

とはいえ、一度ペニスが『ふぐる』状態になったら治るまでは、ペニスポンプの使用を控えるべきです。
その理由は、『ふぐる』状態を繰り返しているうちに、ペニスの皮が伸びきってしまう可能性があるからです。

継続的にペニスポンプを使用できなくなる原因にもなる上、皮が伸びきってしまうリスクをはらんでいるため、可能な限り『ふぐる』状態にならないよう注意する必要があります。

ペニスポンプを使う上でペニスをふぐらせないためには、適切なサイズのシリンダーを選ぶことが重要です。

自分のペニスと比較して、シリンダーが太さ方向に過度に大きなものを選んでしまうと、ペニスは太さ方向にばかり膨らんでしまいます。
その結果、ペニスの皮がむくみを起こし、ふぐってしまうのです。

シリンダーのサイズは、自分のペニスの太さの+3〜6mmがよいと言われています。
ふぐらないためには、ペニスポンプを使用して、少しずつサイズアップを図り、シリンダーサイズを大きくしていくこと大事です。

また、自分のペニスがふぐってしまったなと感じたら、継続的に使用するのは控え、形状が元に戻るまでペニスポンプの使用を中断しましょう。

ペニスポンプ使い過ぎで生じるデメリット

自分のペニスを大きくしたい気持ちが強いと、やってしまいがちなのは、過剰にペニスポンプを使用してしまうことです。
しかし、過剰な使用はペニスに悪影響を及ぼします。
ペニスポンプの過剰な使用によりデメリットは、上記した『ふぐる』以外にも存在します。

ペニスの痛み、裂傷やうっ血
ペニスの感度の低下
勃起不全(ED)

これらもペニスポンプの過剰使用により発生するデメリットです。

痛みや裂傷は症状が治るまでペニスポンプの使用を控える必要があります。
継続的に使用ができなくなりますので注意しましょう。
また、ペニスがうっ血すると、稀にペニスが黒ずんでしまいます。
ふぐりと同様に、ペニスの見た目が悪くなるので、こちらも注意が必要です。
これらは、ペニスポンプの使い方でも記載したように、ローションをしっかり使うことで回避できます。
ローションは、もったいないからといって小出しにせず、たっぷり使いましょう。

ペニスの感度の低下も無視のできないデメリットです。
ペニスポンプはペニスへの刺激の強い増大機器です。
そのため、過剰にペニスポンプを使用すると、強い刺激に慣れてしまう恐れがあります。
強い刺激に慣れてしまうと、女性器の刺激では物足りなくなってしまいます。
すると、最悪の場合、膣内射精障害の原因にもなりかねません。

極端な例をあげると、勃起不全の可能性も考えられます。
あまりに過剰にペニスポンプを使用すると、ペニスにかける圧力上限の感覚も麻痺してしまう可能性があります。
すると、ペニスへの負担は大きくなり、ペニスの組織や血管が損傷する危険性があります。
それにより、勃起不全を引き起こします。

どのデメリットを見ても、過剰な使用を避け安全に使用するのが、1番効果的な対策となります。
また、痛みや異変を感じたら使用をすぐに中断してください。
そして、様子をみる余裕を持つことが大事です。
場合によっては、泌尿器科に相談するのもオススメです。

ペニスポンプ以外のペニス増大方法はあるの?

ペニスの増大方法は、ペニスポンプ以外にも様々あります。
また、方法によって費用や増大に要する時間も様々です。
そのため、自分にあった方法を選ぶ必要があります。
以下に、ペニス増大方法を4つ紹介します。

ペニス増大サプリ
チントレ
引っ張り系増大機器
ペニス増大手術

ペニス増大サプリ

ペニス増大サプリは、言わずと知れた有名なペニスの増大方法です。
ペニスに必要な栄養素を効率よく摂取できるところが、最大のメリットです。
個人差はありますが、早い人で3ヶ月ほどで効果が現れる場合があります。

また、ペニスポンプとの相性がよく、ペニスポンプで外側から、ペニス増大サプリで内側からサイズアップにはたらきかけることができます。
増大サプリとペニスポンプの併用は、たいへん効率がよくオススメの方法だといえます。

チントレ

チントレは、ペニスポンプのような機器を使用せずに行うトレーニングのことを指します。
主な方法として、ミルキングやジェルキングがあります。
どちらも、ペニスの血行を促すことで増大効果を期待する方法です。

こちらもペニスポンプ同様、増大サプリとの相性が良い方法です。
ペニスポンプを購入する費用が準備できない男性には、オススメの増大方法です。

引っ張り系増大機器

ペニスポンプ以外の増大機器で、効果が見込めるものといえば、引っ張り系があげられます。
引っ張り系で最も有名なものはアンドロペニスでしょう。
引っ張り系増大機器は、サイズアップ以外にも、反りや曲がりを矯正してくれるメリットがあります。
しかし、機器自体が大きいものが主流で、手軽さに欠ける一面があります。

ペニス増大手術

ペニス増大手術は、数ある方法の中でも確実性が高い方法だといえます。
術後すぐに大きなペニスを手に入れられる点も、この方法のメリットです。

しかし、費用面では負担が大きく、失敗のリスクがついてまわります。
ペニス増大手術の失敗によるリスクは大きく、最悪の場合だと、ペニスが壊死してしまうという事案を耳にすることもあります。
そのため、ペニス増大手術による方法は、慎重に選択する必要があります。
また、他人に自分のペニスを見られてしまうのが、抵抗のある男性にはオススメできない方法です。

ペニスポンプについてまとめ

ペニスポンプについて詳しく解説しました。
ペニスポンプの魅力が伝わったのではないでしょうか。

ペニスポンプは、使い方を間違えなければ、サイズ増大に大きく期待ができます。
「大きくなったペニスで堂々と温泉に入りたい」「パートナーを今以上に喜ばせてあげたい」といった願望を、ペニスポンプならば叶えることができます。
ペニスのサイズで悩んでいる男性は、ペニスポンプの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました